強盗の犯人が警察だった話

マスクをかぶった強盗は寝室の金庫を開けようと悪戦苦闘している私が叫ぼうとすると強盗は手近にあったテープで私の口を塞いだ助けを呼ぼうにももごもごという音が出るだけで声が出せない強盗は尚も金庫を上げようと頑張っているかそれが無理だと分かると今度は戸棚を物色し始めた私はその隙に手元に置いてあった防犯ブザーを鳴らした強盗が頻発していると聞いて用意しておいたものだ。
B という大きな音に強盗は驚き慌てて窓から逃げていったそれからしばらくして警察がやってきた防犯ブザーの音を聞いた近隣の住民が通報してくれたらしい大丈夫ですか一人の警察官が声をかけてくれる彼が手足の拘束を解いてくれて口を塞いでいるテープも剥がしてくれた大丈夫ですか強盗はどちらへ逃げていきましたか顔が見ましたかそう尋ねる彼に私は窓 言いかけて慌てて口を閉じた彼の手の中で丸まっているキーテープを見ながら私は恐ろしさにガタガタと震えた。